足の臭い対策

足の臭いのケアについて

1足の臭いをケアするためには、足の裏の角質と足の爪をケアすることが大切です。
足の裏のケアは、臭いの原因となる細菌が好む古い角質を取り除くことが大切です。

角質ケア専用のものを使って古い角質を取ると、きれいに取れます。
ただ、角質が硬くなってしまっているからといって強くこすり過ぎてしまうと、皮膚が傷ついて炎症を起こしたり、もともといる常在菌が減ることで細菌の増殖につながって、足の臭いが、より強くなってしまうこともあります。

角質を落とすのは、一ヶ月に一回位がちょうど良いです。
また、角質が柔らかいという人は、入浴することで自然とはがれていきやすいため、就寝前に尿素が配合されたクリームを塗り、ラップで足をパックするようにすると、角質ケアが行えます。
そして、角質が硬くても柔らかくても、毎日必ず石鹸で足の裏や足の指の間をきれいに洗うことが大切です。

また、足の爪も細菌が繁殖するので、入浴時に、柔らかい毛が使用されている歯ブラシに、石鹸で泡立てた泡をつけて、爪のまわりや爪の間をブラッシングすると効果があります。歯ブラシでケアすることにより、皮膚と爪の間の汚れも取ることができます。

そして爪が伸びてきたら放っておかず、すぐに短く切っていつも清潔を保つことで、ホコリや垢などの汚れが溜まることもなく、足の臭いの原因となるものを防ぐことができます。足の臭いをケアするには、足を常にきれいな状態にしておくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です