その他美容

美容には、人から見えない部分の皮膚までも美しくしたいものです。

困る女性女性は年齢を重ねることで、皮膚への乾燥がみられます。

お若いうちなど、気にもしなかったことなのですが、年齢ともに見られる現象となります。

いつもでもお若くいたい場合など、やはり皮膚を美しく保つことで見た目も違います。

乾燥した状態には2つあります。

1つは慢性的な乾燥となります。

原因として加齢によるお肌の老化や、肌に合わないスキンケア、生活習慣などからくるものです。

乾燥を防ぐためにも、お食事にはバランスの整ったものは大切となり、栄養が偏ることでも皮膚の乾燥状態をつくってしまいます。

乾燥の改善を助ける栄養素には、緑黄色野菜や卵黄、うなぎ、海藻などの食品をお薦めします。

美しい身体をまもる為にも、筋肉をつけるためにたんぱく質は大切となりますが、健康なお肌を保つためにも必要なものです。

また、2つめは季節的な乾燥です。

お顔の皮膚は身体に比べても薄いのです。

からだはおよそ2〜3ミリ程度の厚さですが、一番薄い個所はまぶたの0,6ミリ程度でかなりの薄さです。

お顔を守るために、水溶性の化粧水で補うことで保湿されます。

そのあと油性の保湿成分であるクリームや乳液をつかうことが大切となります。

乾燥性皮膚などのかゆみは、患部を掻かないことが大事なのです。

患部を掻く事で炎症をおこし、さらにかゆく治りにくくなります。

からだの乾燥にも、第二類医薬品を足や腰などの乾燥する部分につけることをお薦めします。

カサカサ肌やかゆみにも効果のある商品で、使うことで皮膚のターンオーバーも元に戻るようになります。

美容には、人から見えない部分にまでのお手入れが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です