足の臭い対策

足の臭いのケアについて

1足の臭いをケアするためには、足の裏の角質と足の爪をケアすることが大切です。
足の裏のケアは、臭いの原因となる細菌が好む古い角質を取り除くことが大切です。

角質ケア専用のものを使って古い角質を取ると、きれいに取れます。
ただ、角質が硬くなってしまっているからといって強くこすり過ぎてしまうと、皮膚が傷ついて炎症を起こしたり、もともといる常在菌が減ることで細菌の増殖につながって、足の臭いが、より強くなってしまうこともあります。

角質を落とすのは、一ヶ月に一回位がちょうど良いです。
また、角質が柔らかいという人は、入浴することで自然とはがれていきやすいため、就寝前に尿素が配合されたクリームを塗り、ラップで足をパックするようにすると、角質ケアが行えます。
そして、角質が硬くても柔らかくても、毎日必ず石鹸で足の裏や足の指の間をきれいに洗うことが大切です。

また、足の爪も細菌が繁殖するので、入浴時に、柔らかい毛が使用されている歯ブラシに、石鹸で泡立てた泡をつけて、爪のまわりや爪の間をブラッシングすると効果があります。歯ブラシでケアすることにより、皮膚と爪の間の汚れも取ることができます。

そして爪が伸びてきたら放っておかず、すぐに短く切っていつも清潔を保つことで、ホコリや垢などの汚れが溜まることもなく、足の臭いの原因となるものを防ぐことができます。足の臭いをケアするには、足を常にきれいな状態にしておくことが大切です。

足の臭い対策

私なりの足の臭いを取り除く方法

4私は本当に長い間、足の臭いに悩まされています。少し前まで1人暮らしだった為、自分の足の臭いは我慢すればいいだけでしたが、彼氏と同棲することになったことで必死にケアをしています。

以下は私が行っている方法です。

足の臭いを簡単に消す方法はこちら

・ウェッシュクリーン 
名前だけを聞けば知らない人が多くいると思いますが、簡単に言えば消毒剤です。私は仕事上において消毒が必要なので、自らの足の臭いも消毒してしまえば臭いが消えると考え、1人でこっそりと消毒液をかけてみました。するとアルコールの臭いでいつもの足の臭いが消えました。このウェッシュクリーンの欠点は足が濡れ過ぎてしまうことがあるので、何かの布に浸み込ませて使うことをオススメします。

・昼休憩時にソックスの交換を行う 
やっぱり足の臭いの原因は足に汗をかいてしまうことが原因と考えれるので、昼食後の休憩にトイレでこっそりと履き替える努力をしています。いちいち替えのソックスを持ち歩く必要がありますが、新しいソックスを履くことで気分的にも安心できます。

・5本指ソックスを購入する 
普段のソックスを購入するよりも値段が高いですが、普通のソックスよりも確実に5本指ソックスの方がムレ感が少なく、足の指の感覚が気持ちいいです。私は野球を長い間プレーしていたのですが、5本指ソックスの方が臭いが少ない記憶があります。少しだけ履く際にめんどくさいのが難点です。

・靴を定期的に洗う 
私の場合はスニーカーを主に履いているのですが、なかなかスニーカーを洗うことがありません。靴はなかなか乾かないこともあり洗う機会も少ないですが、靴を常に清潔に保つことも自分の足の臭いをケアする方法だと思います。

足の臭い対策

ブーツを活用するこれからの季節に欠かせない足の臭いケア

4足の臭いと言うと男性の悩みと思われがちですが実は足の臭いに悩んでいる女性はとても多いです。
夏のサンダルは風通しが良いのでまだ大丈夫ですがこれからの季節履く機会が多いブーツは要注意。
ブーツの中はかなりの密室状態で汗も臭いもこもりがちです。
外を歩いている分にはまだ良いのですがブーツを脱いでお部屋に上がるという時に臭ったら、かなり恥ずかしい思いをしてしまいますよね。

足の臭いを防ぐ対策としては、こまめに石鹸をつけて洗うことです。薬用石鹸を使えば除菌もできて安心です。
除菌が出来るタイプのハンドソープを使えば便利です。しかし外にいる時はなかなか洗うことができません。
そのような場合は汗取りシートを使います。脇に使うことが多い汗取りシートですが薬局に行くと足用のものも売っています。
もちろん脇の下用のシートを代用しても大丈夫です。さっと足の裏を一拭きすればさっぱりします。
足用の制汗スプレーもあるので、靴を履く前にシュッとひと吹きしておくと、かなり汗が抑えられます。

また、消毒エタノールで拭くのもかなり効果があります。玄関に置いておくと便利です。
スニーカーを履く場合は素足ではなく靴下を履くことをおススメします。
素足の場合は、汗が直接靴のインソールについてしまいそこから臭いが発生します。
外出先にも予備の靴下を持ち歩いてこまめに履き替えると臭いはかなり抑えることができます。
インソールを外して洗えるものを選び、時々洗うようにすると良いです。
洗えない時は干して日光に当てるだけでも臭いを抑える効果があります。

足の臭い対策

足の臭いのケアについて色々考えてみました

7もともと汗かきということもあって、お風呂やシャワーにはこまめに入っているものの夏場はその汗の量にいつも戸惑っています。
仕事は室内で冷房が効いているので日中はほとんど問題ないのですが、問題は家に帰ったあとです。

旦那からかならず「足が臭いからすぐにシャワーを浴びて!」と怒られてしまうのです。
私自身毎日清潔にしているつもりですし、好きで臭い訳ではないので怒りの形相でそんなことを言われると、結構落ち込みます。

なので、どうすれば足の臭いのケアができるのか、少し考えて実践してみました。

まず、足をしっかりと洗うようにしました。
汗自体には臭いはついていないということで、臭いの原因は菌の増殖のようです。
増殖しないようにしっかりと足の指から裏側、爪の間まで洗い、そのあとはしっかりと乾かします。
これだけで大分さっぱりとするので気持ち良いものです。

次にデオドラントの制汗剤をかるく足にかけます。
足用ではなく私の場合体用のものでしたが、全く問題ないと思います。

靴下は五本指のものを履くようにし、革靴の靴底も新調しました。
何せ普段スーツですので、革靴はすごく湿気がこもりやすいんですよね。
ですので、五本指の靴下をはくだけで、革靴への汗の影響がかなり変わったように思います。

私がしたことはこのくらいです。
ほとんどお金はかけず、あるものだけでしたのですが劇的な効果がありました。
今では旦那もなにも言いません。
やはり自分自身でもきちんと足の臭いを意識しながら生活することが大切なんですね。

足の臭い対策

旦那が絶賛のミョウバン

Stinking shoes私の旦那は若い頃はそんなに臭いは気にならなっかたが、年を追うごとに臭いが気になり始めたと言います。
臭いの原因は様々あると思いますが、旦那の場合はおそらく仕事で毎日靴下と革靴と言ういわゆるサラリーマンスタイルだと思っています。
いわゆる靴下による足の蒸れが臭になっているのだろうと思います。

最初のうちはお風呂で足の指の間を丁寧に洗うことと休憩中や車移動中など周りの人に迷惑がかからない時に靴を脱いで足の蒸れを取ると言う方法をしていました。しかし、この様な地道な努力をしていても臭いの改善にはならなかったようです。

そんな時に出会ったのが、ミョウバンを主成分としたデオドランド商品でした。私が数年前に一度旦那に勧めました。

最初は塗ったあとの足の違和感が嫌だと言い使うことはなかったのですが、数年後やはり足の臭が気になっていたようで数年前に使い残していたそのデオドラント製品を使い始めました。使い始めると前とは違う反応がありました。旦那がこれはいいかもしれないと言ってきました。

やはり塗ったあとの足の違和感のようなものはあるらしいのですが、朝から夜まで靴下を履いていても蒸れた感じが少ない気がするようです。

最近は仕事中に靴を脱いで上がるような場所に行くこともあるようですが臭いを気にせずに靴を脱げると言っています。

今ではお気に入りらしく休日でも足の臭いケアとしてこのデオドラント商品を使っています。